Maru's Blog

Kaemaru's Blog

行動力に欠ける吃音者。それでも頑張って美人時計に出ました。そんな人が書くブログ。

これは何?

体調が悪いと更新すらできない。

それが うつ である。



最近、生きづらさをすごく感じる。

それと同時に吃音が悪化しているようにも思う。

吃音と心は繋がっているのかな。
なんて思うことばかり。

私の場合は・・・だけど、言葉が出にくい時、たいてい心は疲れているのだ


先週、疲れ果てた。
何だろう。勤務時間はすごく長いわけではない(フルタイムではあるけれど)

体力的に疲弊することはほとんどない。
あとは多少、頭も使ってるので脳が疲れる。でも脳疲労は大したことない。

何より大きいのは感情の疲労感

こういった仕事特有なのかもしれないけれど。


昨日は1日中頭が働かなかった。
朝、なんか変だな。って感じたけど、職場に着いたらどうにかなる。と思い、出勤した。




いやいやいや


どうにもならない。笑


使いものにならない、ただ座ってるだけの人形のようになっていました。

終わらせようと思っていたことも終わらせられなかった。


エスタロンモカを注入


・・・・・だめ。効かない。
それどころかどんどん頭が働かなくなっていく。


『できる範囲でいいんだよ』



周りから、そういった旨の言葉をかけられた。



きっと私からは、病人臭がプンプンしていたんでしょう。



できる範囲って何?無理しないって何?





できるよ。やろうと思えば終わらせられるよ。

だって、、私だもの。
できるに決まってる。
こんな簡単なことすぐ終わるに決まってる。


そんなことを思っていた。




でも、時間が経つに連れて
睡眠に入る少し前の感覚っていえばいいのかな。
そんな感覚になっていった。
私どうなるんだろう。

パソコンの画面を見ているだけで気分が悪い



もう無理だ。


支援者とか言っていられない。
私は人間だ。
ロボットではない。


帰宅途中、自宅とは反対方面の電車に乗っていた。

私は帰れるのかな。
ああ、寝たい。楽になりたい。落ち着きたい。そんなことしか思えなかった。



家に帰ってきて、布団に入ってから思った。

私は自分で勝手に

『私にはできる』

そんな風に思っていた。


これはよく言う根拠のない自信ではなく、

自分に自信がないからそんなふうに思っていた。

これをやったら周りから認められるだろう。
そんなことを考えていたのだ。

己の体調よりも、周りから認められることを選ぼうとしていた昨日。

よくよく考えると違和感がある。
私は人から認められる為に、この仕事を選んだのではない。




自分の人生

初心に帰ろう。

広告を非表示にする